愛犬ラブとナースまみの奮闘記

看護師歴30年の私が経験した仕事、結婚、愛犬との生活をつづったブログです。

# 良質な睡眠には、向きが大切だった⁈


こんにちは。ナースまみです。


みなさんは、寝る時、どっち向き派ですか?左向き?右向き?仰向け?


私は「左向き派」なんです。


最初は仰向けで寝ようと試みるのですが、数秒で左向きになります。右向きも同様で、結局左向きじゃないと寝付けない人なんです。


ぐっすり眠れるのって、最高ですよね。逆に眠れない時の最悪さは、朝に、特に仕事にひびきますから。


調べてみると、改めて寝る向きによって、いろんな効果が期待できることががわかりました。私も知らないことがあったので、みなさんにもお知らしたいと思います。

左側を下にして眠る左向きの姿勢の場合

リンパ液の分泌を良くする効果があると言われています。
身体の左側はリンパが集中しているためそのような効果があると考えられており、老廃物や体内の毒素の排出を促すことが期待されます。

右側を下にして眠る左向きの姿勢の場合

心臓の位置が上になるので心臓にかかる負担を軽くすることができると考えられています。また、胃や腸は右側に消化器の出口があるので、消化器系の働きを良くする効果が期待できます。

仰向け姿勢の場合
最も理想的な寝姿勢は仰向け寝だと言われています。
手足からスムーズに放熱されるので体温が下がりやすく、さらにぐっすり眠れます。
また、仰向けで寝ると顔のしわやたるみを予防できるという、女性にうれしい美容効果も期待できます。


いかがでしたか?私はこれを読んでショックでした。


なぜ、子供の頃から「仰向け寝」が出来なかったのかと。「しわ、たるみ」効果が期待できると知っていたら・・・。もう、遅いです。(汗)


健全な生活を送るには「良質な睡眠」が欠かせません。


「夜勤」や「不規則な仕事」「ストレス」などで睡眠障害に悩んでいる方も多いと思います。


「上手く眠れないな」っと思ったら、病院で相談してみることも、一つの方法だと思います。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。睡眠の手助けになれたら、嬉しいです。


今日のラブ。クッションに挟まれて寝ているラブです。

f:id:Lovechan:20190508164500j:plain